TikTok
運用代行サービス

  • 出演者がいない企業もキャスティング可
  • エンタメ業界に携わるプロが企画制作
タイムクラウド
名学館
KM
ケア21
人生設計ナビ
HANWA
CHAINON
bizaccel
businesspartner
RIBIAS
HOTELS & UNIQUE VENUES
UKK


TikTok運用で
このようなお悩みありませんか?

  1. ショート動画を外注しようとすると高く、
    効果が見込めるかわからない
  2. すでにショート動画を活用しているが、今のやり方でいいのか、
    どのように改善すべきかわからない
  3. ショート動画制作のスキルを持つ人がおらず、
    知識やノウハウも不足しているため有効活用できていない

今、TikTokで発信する
企業が増えています。

1本目からバズれる

YouTubeなど他のSNSはコツコツと投稿し、少しずつフォロワーを増やすことによって再生回数が多いコンテンツが生まれやすいSNSですが、TikTokは優秀なレコメンドシステムによってフォロワーが0でもコンテンツさえ良ければ1本目からバズる可能性があります。その為後発で参入しても問題ありません。

宣伝色が出にくい

TikTokはエンタメ性の高いSNSです。その為ユーザーの目的である共感したい、スカッとしたい、何かを知りたいなどのニーズを満たしながら自社のPRをさりげなく訴求するコンテンツを作成しなければ伸びません。なので自動的に、伸びる動画は宣伝色が出にくいコンテンツになります。

コストを抑えながら拡散できる

広告で100万人にリーチしようとすると、数十万〜数百万の広告予算がかかります。ですがTikTokでは1本1万円のコストで100万人にリーチする事も可能です。その為広告予算が潤沢にない中小企業やベンチャー企業、個人事業主でも運用しやすく、費用対効果が抜群に高いSNSです。

「ただ、やる」だけでは
効果が得られないのが現状

自社の宣伝やPRは
見てもらえない

広告であれば自社のサービスや採用面でのメリットなどをストレートに打ち出すのは有効ですが、TikTokユーザーは「暇つぶし」にアプリを開きます。その為ユーザーのニーズを満たしつつ、自社の目的を訴求する必要があります。その為アカウントの設計や、コンテンツの設計はアルゴリズムやユーザー心理をしっかりと把握した上で運用をしなければなりません。

目的やターゲットを
明確にする

アカウント設計やコンテンツ作成は目的やターゲットを逆算した上で作成しなければバズっても目的を達成できなくなります。むしろ安易なバズは目的から遠ざかってしまう場合もあります。運用前に目的やターゲットをしっかり設定しましょう。

継続的に投稿し、
検証・改善を繰り返す

TikTokはバズりやすいSNSですが、初めからバズり、目的を達成できる事は稀です。継続的に仮説を立ててコンテンツを投稿、データ解析、原因の仮説、改善案の作成、実行など繰り返すことによって目的を達成する事ができます。

成功する
TikTokアカウントの特徴

トレンドを常にキャッチアップしている

TikTokには1つのトレンドのフォーマットがバズると同じフォーマットでコンテンツを作成するという文化があります。なのでTikTokではオリジナリティの高いコンテンツを作るより、既存のバズっているコンテンツの要素を真似して作成したコンテンツの方が伸びやすいです。しかしトレンドの移り変わりは速く、早ければ1週間ほどでトレンドが変わってしまいます。常にトレンドをキャッチアップし自社コンテンツに落とし込む企業はバズりやすいです。

企業感をあえてなくしている

最近のユーザーは広告感や企業の宣伝感を嫌う傾向にあります。リテラシーも上がっており、企業が広告や採用広報で自社の良いところばかりPRしても「どうせ見せかけだろう」と見透かされてしまいます。なのであえて企業感をなくして親近感のある投稿をする事で、抵抗感が下がり最終的に魅力を伝えやすくなります。

炎上に敏感過ぎない

炎上は企業としての最大のリスクです。しかしTikTokはエンタメ性の高いSNSです。炎上を恐れるあまり表現が固くなり過ぎてしまったり、ユーモアを一切認めないなどの発信の条件を設ければ設けるほど面白みのない誰も見ないコンテンツになってしまいます。ある程度のルールは必要ですが、あまり敏感になり過ぎないようにしましょう。

効果を急ぎ過ぎない

1本目からバズる可能性があるSNSとはいえ、全員が1本目でバズるかと言えばそうではありません。特に企業が運用するとなると、出演者、撮影場所などの条件をクリアした上で、発信する上での強みなどを少しずつ把握していき、ユーザーに興味を持ってもらえて目的に訴求できるコンテンツを作って行かなければなりません。長期的な視点で運用を考えましょう。

TikTokアカウント
立ち上げのステップ

ステップ


料金プラン

1本(1分)あたりを想定しています。
金額は動画の時間により前後します。

素材をもとにライトな
動画を作成したい場合

ライトプラン

10万円/月
10本納品
追加1本ごとに10,000円

台本

編集

概要欄
ハッシュタグ選定

撮影
※月1回撮影

演出

投稿代行

いいね!・コメント返信

撮影・演出まで
任せたい場合

スタンダードプラン

12万円/月
10本納品
追加1本ごとに12,000円

台本

編集

概要欄
ハッシュタグ選定

撮影
※月1回撮影

演出

投稿代行

いいね!・コメント返信

アカウント丸投げで
お任せしたい場合
カスタムプラン

15万円/月
10本納品
追加1本ごとに15,000円

台本

編集

概要欄
ハッシュタグ選定

撮影
※月1回撮影

演出

投稿代行

いいね!・コメント返信


TikTok運用の他社比較

ムービスフリーランス編集会社
1本あたり10,000円〜1本あたり30,000円〜1本あたり25,000円〜
納期最短1週間納期2週間納期1ヶ月
競合分析競合分析競合分析
撮影撮影撮影
レポートレポートレポート
台本作成サポート台本作成サポート台本作成サポート

別途費用がかかる、または非対応


ムービスTikTok運用代行を
実際ご利用いただいた方の声

スクロールできます
human

採用前年0名→半年で5名採用成功

法人A

運用SNS

TikTok

運用期間

12ヶ月

最高再生回数

301,000回

累計再生回数

4,392,819回

弊社は建設業で採用向けにTikTokを運用検討していました。しかし全くの初心者で何から始めていいか全く分からない状態でした。ネットで検索したところムービス様に辿り着き豊富なコラム記事から見えるノウハウのおおさにで信頼でき依頼することになりました。丁寧にTikTokのアルゴリズムや運用のポイントを教えていただき、ご相談してからわずか1ヶ月で運用開始する事ができました。企業アカウントなので発信の制限があるので1ヶ月目、2ヶ月目はPDCAを回し弊社の目的である採用とTikTokユーザーのニーズを満たすコンテンツを探りあて、3ヶ月目で徐々に成果が出るようになりました。4ヶ月目では月間再生回数が50万回を越え、企業アカウントでは珍しい30万回再生越えの投稿も出ました。応募数も増え6ヶ月で5名の採用に成功しました。今後も御社とのお取引を続け、発信によって企業の成長を加速させていくことを楽しみにしています。

男性

2投稿目で230万回再生越え

法人B

運用SNS

TikTok

運用期間

6ヶ月

最高再生回数

2,300,000回

累計再生回数

15,004,939回

弊社はレジャーホテルの運営しており、認知度の向上のためにTikTokの運用代行会社を探していたところ、知り合いの勧めでムービス様に依頼しました。依頼前はTikTokでどういう風にレジャーホテルをPRするのか全く想像が付かなかったのですが、TikTokユーザーの心理を熟知した訴求方法で2投稿目で230万回再生越えのコンテンツがでました。弊社がTikTokと相性が良い業界だったこともあり、その後も10万越えの再生を連発し、通常のリスティング広告などでこれだけの成果を出すとなると月数十万〜数百万はかかるところ月間12万ほどで成果を出すことができました。非常にコスパの良い広告手法だと思います。自社で独学で運用していたらと思うとムービス様に出会えて良かったと心から思います!

女性

初月で100万円の案件獲得

I.Hさん

運用SNS

TikTok

運用期間

6ヶ月

最高再生回数

509,000回

累計再生回数

6,103,400回

私は個人で税理士業を営んでおります。知人がTikTok運用で集客しているという噂を聞き、ムービス様に依頼しました。何を発信すればいいのか分からなかったのですが、企画のリサーチ、台本作成、撮影などプロのノウハウで行って頂きました。専門的な知識の発信でニッチなジャンルにも関わらず、投稿5本目で1万越えの再生、7本目で14万再生越えのコンテンツが出ました。そのコンテンツを見ていただいた方からご相談いただき100万の案件獲得に繋がりました。エンタメ系からビジネス系まで自社にマッチしたコンテンツを幅広く運用をご提案してくださるので初心者の方にもおすすめです。

MOVISが選ばれる
3つ理由

企業様のTIkTokアカウントの立ち上げ、企画、撮影などクライアントのリソースに合わせ、コンサルティングを行い、必要な部分のみをMOVIS(ムービス)が運用代行することにより、コストパフォーマンスに優れた運用体制を提供いたします。また定例ミーティングにより、御社の工数をマネジメントし、確実に運用していく企業のチャンネル運用を「習慣化」させるサービスです。

業界一リーズナブルな価格設定

通常TikTokの運用代行の相場は月額20万〜40万ほどです。弊社は月額10万円からご提供しております。なぜそれが可能かというと、弊社は代表が元芸能関係者である為、まだ目の出ていないタレント、芸人、ミュージシャンなどの副業人材やデュアルキャリアのクリエイターのネットワークを構築しており、本業の合間に作業を行なって頂いています。その為リーズナブルな価格で編集などを行う事ができ業界最安値でのサービスの提供を可能にしています。

エンタメに精通したクリエイターが作成

TikTokはエンタメ性の高いSNSです。上記の通り弊社ではタレント、芸人、ミュージシャンなどのエンタメのプロがクリエイターとして活躍しております。彼らのエンタメのセンスや知見、技術は撮影時のの演出や編集作業で動画に反映する事ができ、ハイクオリティな「エンタメ動画」を制作する事が可能です。例えば面白い動画を編集する時、芸人が編集すれば「この間は大切だから残そう」「このフレーズはこっちの方が面白いから言い換えよう」などと彼らの知見を活かすことができるのです。

movis
累計30アカウント以上、総再生回数1億回の実績

TikTokで言うところの「ハイクオリティな動画」とは「目的達成に最適な動画」という意味です。プロのカメラマンが一眼レフなどの高級機材を用いて撮影した動画よりも、スマホ1台で撮影した動画がバズる事の方が多いのがTikTokです。目的達成する為には、この動画にどういった意味があるのか?再生回数狙いの動画なのか?採用・集客に訴求する動画なのか?など動画に求める目的を設定しなければなりません。またTIkTok運用では自社のPRや魅力をストレートに訴求する従来の広告動画とは全く性質が異なります。ユーザーのニーズを満たしつつ自社目的をさりげなく訴求しなければなりません。どういった差別化を図ったアカウントにするのか?どういう風に訴求するのか?などのアカウント設計が重要になってきます。

弊社は累計30アカウントの運用実績、総再生回数1億回の実績とノウハウが蓄積されています。そのノウハウを活かし、日々変化するTikTokのアルゴリズムとトレンドをキャッチし続け、反映させる事でクライアント様の目的達成を可能します。


よくあるご質問

最低契約期間はありますか?

継続的にコンテンツを作成し、トレンドやニーズに合わせてPDCAを回してバズを生み出す必要があるため最低契約期間は3ヶ月とさせていただいております。

TikTok以外のSNS運用も代行していますか?

YouTubeの運用代行も行っております。またオプションでTikTok用に作成したコンテンツをYouTube ShortsやInstagram Reels に転載を代行する事も可能です。

コンテンツの撮影時間はどれくらいの時間がかかりますか?

コンテンツの種類にもよるのですが、10本を月に1回2〜4時間かけて撮影するケースが多いです。

既にTikTokで運用を始めている場合、その運用を引き継ぐことはできますか?

可能です。ですが、アカウントがシャドウバンや何らかの処置を受けている場合や、そもそものアカウントの設計がズレている場合は1からアカウントを作成する事もあります。

コメントへの対応は含まれますか?

コメント返信はオプションプランで対応可能です。TikTokはコメントを含め一つの動画となる為、できる限りコメント対応プランをお勧めしております。

プロフィールの設定や改善のアドバイスも提供しますか?

アカウントの初期構築時にプロフィールの設定をさせていただきます。

自社に出演者がいない場合のコンテンツは作成可能ですか?

出演者がいないコンテンツ作成も可能ですし、キャスティングする事も可能です。

特定の地域をターゲットにすることは可能ですか?

TikTokでは特定のエリアの視聴者に届けることも可能です。例えば大阪の視聴者に見てもらうように設定も可能です。

TikTok2024(2)
今すぐお問い合わせ
動画編集2024